textile pantry(テキスタイル パントリー)

About

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
ジェイエムプラニング株式会社
大阪:〒541-0051
大阪市中央区備後町1-5-15-5F
 TEL 06-6210-2466 
 FAX 06-6210-5849
東京:〒103-0004
中央区東日本橋3-5-11-2F
 TEL 03-6810-8357   
 FAX 03-6810-8359


取り扱い生地

プリント素材

textile pantryのプリント生地は綿や麻の天然素材の基布に染料でオリジナルの柄をプリントしたものですが、ここではtextile pantryで使用しているパッチワーク向けのプリントに使用している基布についてご説明いたしましょう。

パッチワークのピーシングに適していて、キルティングも美しい生地は、一般的に綿100%の平織り生地でタテ糸、ヨコ糸の打ち込み本数が1インチ間80本程度の布と言われます。シーチングと呼ばれることもありますが、糸番手はシーチングより少し細い30番の糸で織られたものが縫いやすくハンドにもミシンにも適しているようです。textile pantryでは、この条件に合う基布をしなやかでなめらかな風合いになるようこだわりの仕上げで加工しています。ぜひ一度お手にとってみてください。
プリントラインナップ
リネンコットンプリント
マルチパターンWガーゼパネル

先染め

先染めは、白糸をカセにして先に染め、いろいろな色に染まった糸をタテ糸、ヨコ糸組み合わせることで柄を織り上げていく布地です。
textile pantryの先染めはデザイン、配色ごとに柄を構成する全ての糸色を指定してオリジナルの柄を作っていきます。糸を染める人、1本1本の糸を織機にかけて織り上げる人、産地の方たちのご協力で素朴な味わいの素晴らしい織物が出来上がります。大切に作りあげた先染めをぜひを手にとってみてください。
先染めラインナップ
生地の耳にはtextile pantryのオリジナル商品と分かるよう、トリコロールカラーのラインを入れています

無地

textile pantryの無地は、綿や麻の天然素材が本来持っている味わいをできるだけ引き出すよう時間と手間を惜しまず丁寧に仕上げています。国内の工場でゆっくりと染めた生地をお日さまの熱と光と自然の風でゆっくり乾かすのでいつでも同じものができるわけではありません。季節や気候条件で多少の染色の違いやシワの入り方の違いもありますが、自然と相談してつくる素材の個性として考えています。
無地ラインナップ

お問い合わせ

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
ジェイエムプラニング株式会社
大阪:〒541-0051
大阪市中央区備後町1-5-15-5F
 TEL 06-6210-2466 
 FAX 06-6210-5849
東京:〒103-0004
中央区東日本橋3-5-11-2F
 TEL 03-6810-8357   
 FAX 03-6810-8359


PAGE TOP